【LEARNING】月一で学ぶ講座の話 | nakamikalabo

2021/04/07 11:09



食の学びを始めたのは自分自身を知るためでした。
幼少期からヴィーガンで過ごしてきた私は、小学校で「給食」という宿題を与えられた時に「OMG ! ! この世界の多くの人が食べるものの8割以上を私は食べることができない!」ことに初めて気がつきました。
なぜ自分だけなのか?原因はどこにあるのか?これから先どうなるのか?など未解決の問題が多すぎて、自分のカラダのことを自分で把握したいと思ったのは当然のことかもしれません。

今ではヴィーガンという言葉の浸透により「健康志向・オーガニック」とカテゴライズされることが増えました。
実際はそんなかっこいいものではありませんし、今でもなかなか大変です。笑
触れない・調理できない食材、知らない味や食べ物で溢れているし、緊急時の代替えも利かないのですから。

私はこれまでもお世話になっているヨガスタジオなどで、私の学び、知識、経験をたくさんの方に共有できるスペースを頂き活動してきました。
そして今、新しいフィールドを作ろうと思い、その一つとして「月一で学ぶ講座」を開講します。

私はヴィーガンという体質であってもマインドは半々です。
だから私のフィルターを通すと他の方の伝え方とは少し異なるかもしれません。
でもそれも私という人間の味だと思って楽しんでください。
ジャッジするよりも受け入れることを選び、人生の宿題を楽しみながらクリアしていきましょう。

この「月一で学ぶ講座」は、毎月テーマを設けてラジオを聴くような感覚でリラックスして学ぶ講座です。

各講座共に全てパーソナル(パーソナルグループ含む)での対応、ご希望に合わせてZOOMまたはアトリエでのクラスとなります。
パーソナルという形は自分にも一番しっくりとくるのです。
(ファミリーで参加される方は2人でも3人でも同一料金です。)

私の経験から言って、雑談は最高の学びです。
正しくあることや、集中することよりももっともっと本質的で楽しいこと、その中にこそたくさんの学びがあると考えています。

皆さんと一緒にディスカッションしながら毎月お会いするのを楽しみにしています。

THANK YOU!!
A i