自由と教育と環境の話   | nakamikalabo

2021/07/16 08:32



住む環境、働く場所、関わる人たち。
私たちは様々なコミュニティの中で生きています。

先日のノンフィクションヨガ#2でも触れたように、それは全て自分が選択したことの結果です。
あなたは今、幸せかと聞かれてシンプルに「YES!」と言える人生を歩んでいますか。
たとえ迷ったとしてもネガティブに捉えるものではなく、今が変化する絶好のタイミングなのかもしれません。

ヨガの講師を初めて約10年が経過しました。
10年間の中で様々なターニングポイントがあり、自分が果たす役割は何か?どんなことを伝えれば良いのか?強制的に考える時間を与えられ、ここまで続けてきたような気がします。

最近、ヨガ講師になったきっかけをよく聞かれます。
一言でまとめるならば「生命の誕生」に興味があったからです。

その始まりはオーストラリアに住んでいた頃のこと、「アクティブバース」に触れる機会があり、大きな衝撃を受けました。
アクティブバースとは、妊婦さんがどんな場所で、どんなお産をしたいかを、自主的に選ぶ自由分娩のことです。
日本では衛生面や制度の関係からか、当時あまり広くは知られていませんが、海外では皆が知り選択できるスタイルでした。

妊娠、出産、育児は、女性にとっては非常に大きな変化をもたらすプロセスであり、一つ一つの出来事、一瞬一瞬が奇跡の連続。
それは何事にも変えがたい時間だと思います。
全力で向き合い、愛する姿はまるで戦友のようだ、と胸が熱くなります。

小さな存在を傷つけるものから必死で身を守り、対立し、もしかすると仲間割れすることもあるのかもしれません。

でも、いつも一番の理解者であり味方でいることを忘れず「最高に幸せだ!」と言えるママであれば、子供も最高に幸せなのです。

アベレージが大好きで、ついつい情報を追いかけてしまう私たち。
自分の選択で生きるには勇気と知識も必要です。

出産後に起こるココロとカラダの変化はめまぐるしく、24時間休みなしでやってきます。
抜け毛や肌質の変化に悩んだり、悲しくなったりイライラしたり、取り残されたような孤独感を感じたり。
これはホルモンの性質カラダ体質のことを理解することで「今はそんな時、ゆっくり進もう」と気持ちをバックアップしてくれるのです。
セラピーはその一つのツールだと思っています。

まさに太陽と言える存在であり、ママが人生を愛することで、子供はもちろん家族みんなが幸せになることを改めて学んでます。
「必要な人が必要な情報を受け取れる」そんな場所が作れたら最高だ!
漠然と思っていることが少しずつ形になるプロセスは、いつだってワクワクしかないのです。

そう、人生はエキサイティング!