2022/01/01 11:00

冬の朝は格別です。

空は澄み渡り、天気の良い日には美しい富士山を見ることができます。
空気が肌を突き刺すような寒さに、エナジーが沸き起こり、生きていることを実感するような強ささえも感じます。

Udaya Yoga Studioにて開催されるMohini 先生の講座「ノンフィクショYOGA全8回/第7回目のテーマは「魂の探究」。
8回目はサットサンガ となる為、レポートは最終回となりますので、これまでの学びを振り返りながら、精神性を⾼める⽅法を紐解きます。


手のひらからこぼれ落ちる世界

「モノは手に入れた瞬間から朽ちていく
これは「人間の尽きることの無い欲望と執着の象徴」と言えるかもしれません。

憧れの洋服、欲しかった車、住みたい家、全ては手に入った瞬間に過去となり、新たなターゲットを求め続け、本当の意味で満たされることの難しさを教えてくれます。

では、知識という学びにおいてはどうでしょうか。
目に見える資格や修了書を得て肩書を増やしても、それらはオウンスタイル (その人の個性とセンスが輝くやり方) で使いこなせてこそ初めて意味がある、そうでなければ物質的なものと同じように、どんどんこぼれ落ちてしまい、本質が見えなくなってしまいます。

得た学びや知識を生かそうとする時、未知なる世界への恐れや不安という思考が働き、マインドが潜在意識に押し潰されて、躊躇することがあります。

これこそが正に、魂が経験を選び、世界を広げるチャンス!なのです。

生きることは経験すること、誰もが見えない不安と向き合い、葛藤し、乗り越え、潜在意識の強いエネルギーさえも跳ね除ける "魂" と "愛" を育てていきます。

手のひらを広げ、手放すことや無くすことを恐れず、魂が経験を重ねる、そこにこそ "生きる喜び" があるのです。


価値観を崩し新しい世界へ

「その人の持つもの、感じるものが現実になり、信じるものによりマインドが形成され、骨格が作られる」
この言葉は、モヒニ先生が毎回講座でシェアされていたものです。

日々の生活、関わる人、触れるもの見るもの、それらが無意識の価値観としてマインドに現れます。
変えることが正しいのでは無く、自分の発言、行動、価値観に意識的になる (責任を持つ) ことが大切なのです。

この世界で起こることは全て完璧であり、そこには一点の曇りもない、あると感じるならばそれは自身のマインドが作り上げたものです。
自然の中における人のエネルギーはとても小さなもの、起こること全てに反応しない、妨げない、流れを止めない、その勇気を持ち波を待ちます。

ココロがストレスを感じればカラダの機能は低下する、それさえも今の自分に必要なことであり、意味があることを理解します。

価値緩を崩すことや手放すことに、怖さがあったとしてもやらなければいけない、だからこそ学び、課題をこなし、前に進む力を身につけていくのです。

もし目の前に、自分とは違う価値観を持つヒトが現れたならチャンス!自分の幅を広げる絶好のタイミングです。
価値観を壊そう!
◎必要と感じる行為は譲る
◎自分ができることはやる
◎愛を注ぎ、理解を示し、歩み寄る
エゴを捨てて、自我を手放し、開放する



二極化の統合、魂の成長

「この世は全てワンネス=生きるもの全てが一つの存在」
モヒニ先生が師匠から受け継いだ言葉で、それを本質的に理解するには長い時間がかかったそうです。

「人を変えようとすることよりも、自分自身がどういきたいかを考える」
この世界は、自分とは違う価値観を持つ人が大半だという事実を受け入れ、そこへのエゴや執着心を外すと、流れが一気に変わります。

余った愛を分け与え、人からの愛を受け入れたり、ほんの少しでも良いので、「この人全然理解できない!」と思う人のことを考えてみてください。

実はそのヒトは、自分自身のフィールドを広げてくれて、ヒトとして成長させてくれたり、冷静な判断力を与えてくれる "愛" の存在だということに気がつくはずです。

100%好きになったり理解しする必要はなく、シンプルにポジティブに、自分とは違う存在が大きな影響を与えてくれる、そのことを忘れないでください。

何かを学んだ時も、その時にわからなくてもいいのです。
わかりたいと思い、自分が目指すゴールに向かうエナジーがあれば、いつの日か必ず理解できます。

そして私たちは毎日マットに身を委ね、そこに向かって練習する、そのプロセスを人生と同じように楽しんでいるのです。


カルマと宇宙の法則
「宇宙の法則は一つだけ。与えたものが必ず返ってくる」
自分を含め誰かに発する言葉、思う気持ち、行動すること、その全ては自分自身に戻ってくるのが宇宙の法則です。

例えば今辛いことがあるならば、それは自分が行ってきた行為、または与えられているカルマ (行為、行為の結果として蓄積される「宿命や課題」) なのです。
日々自分自身を愛し、浄化し、調整する、そこから自分への尊重が生まれます。
物事には必ず原因と結果があり、結果ではなく原因をしっかり見ていくことが大切なのです。

結果に対する執着心
行いに対する見返り
そのどちらも求めず、魂の好意を無償で捧げ、自分自身が満たされていることに、ただただ感謝します。

挑戦し失敗して学ぶ
何が起きてもポジティブに考える 
⾃分の⼼をコントロールする
物事に執着しない 
固定概念を持たない

忘れてしまった時には、魂を成長させるために学んだことを、思い出してみてください。
そして、自分の内側と対話する時間を作りましょう。

自分自身が満たされている
自分自身を理解できる
自分自身のスペースを作る
安定した深い呼吸を味わう
マインドをリラックスさせる

「最高の自分だからこそ与えられる」
あなた自身がいつでもそこにある、ということを忘れずに。

この世界に必要な学びをシェアしてくださったモヒニ先生
全てのサポートを無償の愛で提供してくださるのりさん、UDAYA YOGA STUDIOさん
この講座に参加された方、この記事を読んでくださる全ての方に感謝を込めて。